顔の印象を左右する目元。長くてバサバサまつ毛は女性の憧れですよね。

そんな美しいまつ毛の育成には欠かせないのがまつげ美容液です。
まつげ美容液にはダメージにさらされているまつ毛をしっかりケアしてくれるものもあれば、育毛成分を配合し強くてコシのあるまつ毛を育てるものもあります。

でも、どれもよく似通っていて、どのアイテムを選べばいいのか迷ってしまうかもしれませんね。
そんな人のために、まつげ美容液を選ぶときのコツと、おすすめアイテムをご紹介します。

ここにピックアップしたまつげ美容液は、どれも口コミやSNSで「めっちゃ伸びる!」と人気のおすすめ商品ばかりです。
ぜひ、まつげ美容液選びの参考にしてみてくださいね!

ズバリおすすめはどれ?まつげ美容液ランキング

ここではまず「まつ毛が伸びる」と評判のまつ毛美容液の中で、成分、使いやすさ、低刺激性、コスパを総合的にランキングしました。

1位ディアモスト アイラッシュ


・注目成分:キャピキシル、ワイドラッシュ、アルガンオイル、ホホバオイル、マヌカハニー
・低刺激性:石油系界面活性剤、シリコン、アルコール、パラベン、合成着色料、合成香料不使用
・形状:チップタイプ
・15日間の全額返金保証あり、定期初回48%オフ、いつでも変更休止可能

定価:4800円
定期便: 定期便初回2480円、2回目以降3980円
容量:2ml(約2か月分)


ディアモスト アイラッシュの総評

マツエクサロンとの共同開発によって、生まれたアイテムです。
オーガニック成分にこだわったまつげ美容液です。
それだけでなく、キャピキシル、ワイドラッシュなどの育毛効果のある成分も使用しています。
濃く太いまつげを育てたいけど、できるだけ天然なものを使いたいという人におすすめです。
さらに、定期購入ならほとんど半額で購入できるのも始めやすい点です。

商品詳細を見る

2位 EMAKED


・成分:パンテノール、シルクアミノ酸、ヒアルロン酸、ブドウ種子エキス、イチョウ葉エキス
・低刺激性:石油系界面活性剤、防腐剤、シリコン、アルコール、パラベン不使用
・形状:筆タイプ
・60日間の全額返金保証あり、定期20%オフ・3回継続必須
・定期便初回はガットラッシュアイライナーをプレゼント

定価:5500円
定期便: 4400円
容量:2ml(約2か月分)

EMAKEDの総評

エマーキットはアメリカ発の本格派まつ毛美容液で、世界のセレブやタレントや美容家の愛用者も多いです。
@cosmeクチコミランキングのまつげ美容液部門第1位ので「本当に伸びる!」と口コミ評判も高いです。
寝る前に3分塗るだけでお手入れも楽チンなのは嬉しいですね。
筆タイプなので目元にもしっかり塗れて浸透してくれます。
定期便初回はまつげ美容成分配合のアイライナーもプレゼントでついてくるので24時間しっかりまつ毛ケアできます。

商品詳細を見る

3位 目元とまつ毛のご褒美


・成分:アセチルテトラペプチド‐3、アカツメクサ花エキス、APPS、クダモノトケイソウ果実エキス、イヘリクリスムストエカスエキス
・低刺激性:保存料、防腐剤不使用
・形状:クリームタイプ
・15日間の全額返金保証あり、定期初回79%オフ・いつでも解約可能

定価:4700円
定期便: 初回980円、2回目以降3700円
容量:15g(1ヵ月)

目元とまつ毛のご褒美の総評

名前の通り、目元にもまつげにも使用できる美容液です。
指で塗るので、細かい調整もしやすいのが特徴的です。

目元はしわやくすみ、クマなどの肌トラブルも起こりやすい場所です。
それら肌トラブルのケアとしても使える、優秀まつげ美容液です。
初回購入に限り、980円というお手頃価格なのもうれしいですよね。

解約はいつでも可能ですし、返金保証もついているので、敏感肌の人も挑戦しやすくなっています。

商品詳細を見る

4位リバイブラッシュ


・成分:アセチルテトラペプチド-3、オリゴペプチド-20、加水分解エラスチン、加水分解シルク
・低刺激性:旧表示指定成分、石油系界面活性剤、合成着色料、合成香料、鉱物油、動物性オイル、紫外線吸収剤、酸化防止剤、殺菌剤、防腐剤、エタノール、シリコン、合成ポリマー、緩衝剤、キレート剤、溶剤、へキシレングリコール、オレンジヘクタール、キャリーオーバー成分なし
・形状:チップタイプ
・60日間の全額返金保証あり、定期購入で18%オフ、送料無料

定価:5800円
定期便:4720円
容量:6g(1~2ヵ月)

リバイブラッシュの総評

2014年秋発売のリバイブラッシュは、アイメイク上級者にも愛用者が多い実力派です。業界トップクラスの19種類の無添加による低刺激性です。

まつ毛美容成分キャピキシルを高濃度に5%も配合しているので、効果重視型の人に圧倒的に支持されているアイテムです。
これを使い始めたらまつ毛エクステが要らなくなったという口コミも多く、すっぴんでもフサフサまつ毛を実現したい人におすすめ。

商品詳細を見る

5位スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム プレミアム


・成分:ヘアサイクル成分(オリゴペプチド-20・オクタペプチド-2・アセチルデカペプチド-3・サリチル酸シランジオール・オタネニンジン根エキス)、パンテノール、グリセリン
・低刺激性:パラベン、オイル、アルコール、界面活性剤、シリコン、合成香料、合成着色料不使用
・形状:チップタイプ
・定期便15%オフ、いつでも解約可能

定価:3460円
定期便:2941円
容量:4ml(2~2.5ヵ月)

スカルプD ボーテ ピュアフリーライラッシュの総評

3年連続売上No.1で渡辺直美さんのテレビCMでも有名な育毛剤・育毛シャンプーのメーカーが作ったまつげ美容液です。
使うほどに自まつ毛がパワーアップするという高い評価を得ています。

特殊な技術を使って、成分がしっかり浸透されるようになっています。
その分、効果を感じやすいということですね。

市販のまつ毛美容液の中では高級な部類に入るかもしれません。
しかし、その分効果には自信があるようです。
マツエクやまつ毛パーマをしていても使用できます。

商品詳細を見る

6位 湘南美容ロングラッシュリッチ


・成分:クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ローヤルゼリー、つばめの巣、カミツレ花エキス、ヒアルロン酸
・低刺激性:オイル不使用
・形状:チップタイプ
・定期便18%オフ・いつでも解約可能

定価:4500円
定期便: 3690円
容量:2ml(約2か月分)

湘南美容ロングラッシュリッチの総評

湘南美容外科監修のまつげ美容液です。
オイルフリーでマツエクとの同時使用もできます。
美容のプロが監修しているだけあって、美容成分がたっぷりなのに、お肌への刺激が少ないです。

特殊構造のブラシを採用しているので、とても塗りやすいという特徴もあります。
さらに、価格的に他のアイテムと同じくらいのコストでありながら、たっぷり8ml入っています。
コスパがいいのもその人気の理由の一つですね。

商品詳細を見る

7位リバイタラッシュ


・成分:グリセリン、ピオチン、セルロースガム、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、ペプチド
・低刺激性:パラベン、香料不使用
・形状:筆ペンタイプ

定価:13200円
定期便: なし
容量:3.5ml(約6か月分)

リバイタラッシュの総評

アメリカの眼科医が監修して開発されたまつげ美容液です。
8種類の美容成分がたっぷり配合されているため、お値段はやや高めですが、1本で6か月近く使えるのでコスパは悪くありません。
海外セレブたちにも愛用者が多いことで有名です。

商品詳細を見る

どう選ぶ?まつげ美容液の選び方4つのポイント

まつげ美容液を使ってまつ毛ケアを始めようというときは、次の4つのポイントで比較してみるとよいでしょう。

配合されている美容成分を確認する

まつ毛美容液には、さまざまな美容成分が配合されています。
これはメーカーごとに特徴を出していますので、自分の目的に合った成分が配合されているものを選びたいですよね。

まつ毛美容液には主に2種類があり、保湿成分メインのものと、保湿+育毛成分が含まれているものとがあります。
まつげ美容液はどれを使っても育毛効果があると思っている人もいるようですが、そんなことはありません。
中には、まつげのダメージケアしかできないものもあるんです。

ただし、本当にきちんと育毛効果のある成分が配合されているものは、比較的お値段が高くなってしまいます。
ですので、自分の予算に無理のない程度で継続できるアイテムを選ぶことが大切です。

保湿タイプのまつげ美容液

保湿成分として、一般的な化粧品にも使われているものが含まれているので、成分表を見てもなじみのある成分が目につくかもしれません。
特に、ヒアルロン酸やポリクオタニウム-51といった成分の他に、酢酸トコフェノール(肌の活性化に期待)などの成分が使われているものが多いです。
ビューラーやマスカラなどで傷んでしまったり抜けてしまったまつ毛のダメージをケアしたいという人におすすめです。

保湿+育毛タイプのまつげ美容液

保湿だけでなく、育毛成分を含めることで、長くて密度の濃いまつ毛育成を目指すことができます。
ダメージケアだけでなく、まつげを長く伸ばしたい、もっとまつげを増やしてバサバサまつ毛にしたい、という人におすすめです。

形状で選ぶ

まつげ美容液はその形状によって、「筆ペンタイプ」「マスカラ(ブラシ)タイプ」「チップタイプ」の3つの種類に分類できます

筆ペンタイプ

先が筆ペンのようになっていて、アイラインを引くようなイメージで使うことができます。
ペン先が細いので、細やかな調整ができるというメリットがありますが、まつ毛の先端には塗りにくいという欠点もあります。できれば柔らかい筆先のものを選んで。

マスカラ(ブラシ)タイプ

普段からブラシ状のマスカラに慣れている人には、違和感なく使いやすいので、初心者にもおすすめ。
根元から先まで、美容液がしっかりつきやすく、マツエクのカールもキープしやすい反面、マツエクに引っかかる、目頭や目の端などの部分には使いづらいといった、デメリットもあります。

チップタイプ

口紅やグロスなどによくあるような、スポンジ状のチップになっています。
ここに美容液をたっぷりと取ることができるので、まつ毛に乗せやすくマツエクにもひっかかかりにくいのがメリット。

美容液が思った以上にたっぷり出てしまうことがあるので、目の中に入らないように気をつけましょう。

その他にもいろいろ

この他にも、コームタイプや、指で塗るタイプがあるので、自分の使いやすい形状のものを選ぶようにします。
また、マツエクを使っている人の場合は「筆ペンタイプ」や「チップタイプ」、つけていない人は「マスカラタイプ」が使いやすいでしょう。

安全性を確認する

まつげ美容液は目元に使用するのものですが、目元の皮膚はとてもデリケートです。
ですので、ちょっとした刺激でも思わぬトラブルになってしまうことも。

そんな敏感な目元に毎日使用するものですから、安全性にはこだわって選びたいものです。

そのためには、国によって認可される「医薬部外品」の中から選ぶという方法もあります。
少なくとも、パラベン(防腐剤)や香料、着色料、石油系界面活性剤などが使われていない「無添加」表示を確かめて購入するようにしましょう。

価格が合っているものを選ぶ

まつげ美容液は即効性のあるものではなく、ある期間継続使用してはじめて効果が現れるものです。
どんなに優れた美容成分が多く配合されているからといって、あまりに高級なものを選んでしまうと、ついケチって使う量を減らしてしまいその結果効果が得られなかった、なんて悲しいことに…。

毎日たっぷり使うためにも、無理のない価格帯のものから選択するようにしましょう。
ただし、額面が大きくても容量がたっぷり入っているものもあります。1本あたりの価格ではなく、1か月単位でのコスパを比較して賢く選びたいですね。

まつげ美容液を効果的にするための正しい塗り方

まつげ美容液を初めて使う時には、きちんと正しい塗り方を行いたいですよね。
せっかくのまつげ美容液も、間違った方法では効果を発揮できません。

まつげ美容液を効果的にするためには、まず次のことに気を付けてみてください。

  • 清潔なまつげに使用する
  • まつげの根元に美容液が付くように塗る
  • 朝と就寝前の2回使いがより効果的

通常の化粧品同様、まつげ美容液も清潔なまつげに使用します。
まつげが清潔になってない状態で美容液を使用しても、含まれている成分がうまく浸透しなくなることがあるためです。

また、まつげを育てるためには、特に根元に栄養を与えてあげることが大切です。
ですので、まつげそのものよりもむしろまつげの生え際にきちんと美容液がいきわたるようにしようしましょう。

まつげは夜眠っている間にダメージが修復されたり、新しいまつげの細胞が育ちます。
そのため、就寝前にまつげ美容液を使用することで、より効果を感じやすくなるといってよいでしょう。
夜だけの使用でもOKですが、おすすめは朝起きてからと夜就寝前の2回使いでより効果的になりますよ。

ブラシタイプの塗り方

ブラシを縦方向にして、細かい部分にも美容液がいきわたるようにしましょう。
そのあと、今度はブラシを横向きにして、まつげ全体に美容液がまんべんなくつくようにします。

チップタイプの塗り方

ブラシと同じように、まずはチップを縦向きにして、細かな部分に美容液を塗っていきます。
次にチップを横にして、全体に塗り広げましょう。
チップを小刻みに動かすようにすると、きれいに美容液がまつ毛につきますよ。

筆タイプの塗り方

筆タイプの場合、アイライナーでアイラインを描くように美容液を塗っていきましょう。
まつげの生え際を埋めるようなイメージで筆を滑らせます。
慣れてきたら一気に線を描くように塗るほうが、目に入らないでうまく塗れますよ。

チューブタイプの塗り方

チューブタイプのものは、綿棒などにクリームをつけてまつげの根元に塗っていきます。
目頭から目尻に向かって塗ると塗りやすいでしょう。
このタイプには、まぶたに使えるものもあります。

まつげ美容液って誰でも効果がある?

まつげ美容液は、年齢制限といったものはなく、何歳からでも使用可能です。
ただ、普段アイメイクをしない未成年は、まつげに美容液を塗るときに最初少し難しいと感じるかもしれません。
最初はだれか大人に、見てもらいながら使ってみるといいかもしれませんね。

アレルギーがある人や敏感肌の人は、まれにまつげ美容液でトラブルを起こすこともあるようです。
最近はいろいろなタイプが販売されていて、中には品質の良くないまつげ美容液もあります。
敏感肌の人は、なるべく低刺激性のものを選ぶようにしてください。
また、最初使用するときには、目立たな箇所でパッチテストを行ってから使用するのがよいでしょう。

女性の中には授乳中にまつげ美容液を使いたい方もいるでしょう。
授乳中の使用については、アイテムによって、使っていいものとそうでないものがあります。

授乳中はホルモンバランスが通常と異なるので、トラブルを起こしやす状態です。
また、人によっては効果が感じにくくなることもあるようです。

心配な方は、アイテムの販売元に直接問い合わせてみると安心でしょう。
どのメーカーもウェブサイトの公式サイトにはお問い合わせ窓口が用意されていますので、思い切って問い合わせてみましょう。

まつげ美容液で注意しておくポイント

まつげ美容液を使用するときには、塗り過ぎに注意しましょう。
まつげ美容液は一度にたくさんつけすぎても、効果が速く現れるということはありません。

むしろ塗り過ぎは目に美容液が入ってしまう危険性もあります。
美容液が目の中に入ると、思わぬトラブルを起こすこともあります。
万が一、まつげ美容液を使っていて、目やまぶたに違和感を感じる場合には、すぐに使用を中止して、信頼できるお医者様に相談してみてください。

美容液が目に入ってしまった場合は、すぐに流水で洗い流しましょう。
使用していて、目が充血したりかゆみが出るときも、医師の診察を受けることをおすすめします。

まつげ美容液は、だいたい数か月持つものが多いですが、長くても3か月くらいで使い切るようにしたいですね。
それ以上になると、容器の中で雑菌が繁殖してしまうことがあります。
3か月過ぎたものは、たとえ中身が残っていても、使用しない方がよいでしょう。

まとめ

まつげ美容液の選び方のコツとおすすめアイテムを紹介しました。

まつ毛は何もしないと、毎日のメイクなどによるダメージで抜けたり傷んだりしてしまいます。マスカラやマツエクが映えるのも、強くてハリのある自まつ毛があってこそです。

髪の毛と同じで、まつ毛にも栄養補給が必要です。今回紹介したまつげ美容液を使って、より美しい目元作りを行ってくださいね。