まつげ美容液の中には、育毛効果がある成分が含まれているので、自まつげを強くコシのあるまつ毛に育てることができます。
そんなふうに「まつ育」に取り組む女性も増えていますが、まつ育中のアイメイクってどうすればいいのだろうと疑問に感じている人もいると思います。

アイメイクの方法は、みなさん自分の好きなやり方がありますよね。
でも、多くの女性はビューラーを使用して、まつげを魅力的に見せているのではないでしょうか。

そこで、まつげ美容液を使っているときのビューラー使いで、気を付けたいことを紹介しておきたいと思います。

そもそもビューラーって?

ビューラーというのは、まつげをおさえて上向きにするためのツールですよね。
まつげに圧力をかけて、ぎゅっと上に反り返るように型を付けているわけです。
下向きになってしまったまつげを上向きにするだけでも、まつげが長く見え、目元がぱっちりするものです。

しかし、あくまでも無理やり上向きに型を付けているものですから、まつげそのものにとってはとても負担が大きいのです。
ビューラーの効果を最大にするために、ホットビューラーを使っている人もいるでしょう。
しかし、温めた状態で型押しするという、ホットビューラーは、さらにまつげにダメージを与えてしまうのです。

そのため、まつげはダメージとストレスを受けて、だんだんとコシがなくなり、抜けやすくなってしまいます。
つまり、まつ育にとって、ビューラーは悪影響にしかならないのです。

でもやっぱりビューラーを使いたいという場合

ビューラーがまつげに与える影響についてお話ししました。
しかし、それでも、さっと使えてまつげを上向きに固定できるビューラーはとても便利ですよね。

ですので、どうしてもビューラーは手放せないという人も多いでしょう。
そのような場合、まつげ美容液とビューラーを併用するのであれば、できるだけまつげにかかる負担を減らすようにしてみてください。

まつげ美容液とビューラーを同時に使う時には、先にビューラーを使うのが正解です。
まつげ美容液を先に使用してしまうと、ビューラーに美容成分がついてしまうことがあります。
これでは、本来の美容液成分が、まつげに浸透されません。

また、ビューラーを使用するときには、少しでもまつげへの負担を減らすために、軽く押さえる程度にするようにこころがけてみてくださいね。

この2つのことに気を付けるだけでも、より効果的にまつ育ができるはずです。
まつ育が効果を発揮して、強いまつげが育ち始めると、自然とまつげも上向きになってくるでしょう。
そうなれば、ビューラーの使用頻度も少なくてすみますよ。